FC2ブログ
週刊リグル通信は、週に一度、ネット上の最新のリグル情報を皆さんにお伝えするブログです。

4/15~4/21のSS(男の子)紹介

「りぐらじ!V3」第3回、とても楽しませていただきました。
もうすぐ例大祭、そしてあと2か月で蛍光祭3&華激ノ宴2合同開催です。いよいよ祭りが迫ってきました。

さて、今週の更新です。
SS(男の子)紹介。夜伽話よりみこう悠長さんの作品です。



ルミナス世界と日出ずる国の革命布告(ニューワールドオーダー)⑧R-18) みこう悠長さん
夜伽話直通はこちら
東方夜伽話より、みこう悠長さんの作品です。
神妖、黒妖蜥と白玉姫からの退却戦を続ける一之瀬たち。徒歩では逃げきれず、銃弾は効くものの仕留めきれず、神妖からの攻撃は命中率こそ低いものの全てが致命的な威力という状況に長時間晒される絶望感はいかばかりか。一人、また一人と犠牲者は増えていきます。このまま全滅してしまうのか……?
一方、瀬織観月は国立日と和解し、さらに自分の希望を告げます。その願いはある意味では、親を殺した日と同じ類のものでした。しかしそれは、誰かを殺してそれで終わりというほど簡単な感情ではなく、ぐつぐつと煮えたぎり、もつれ、絡み合い、逃れられない業のようなものでした。
さて、幻想郷のほうでは神子が動き出していました。〝朔〟の異変を解決し、自らが神として君臨せしめんと目論んでいるらしい豊聡耳神子。今までの経緯を見てきた布都はどうしても懐疑の念をぬぐい切れません。布都は神子と肩を並べられるのか、それとも――
そしてリグルとルーミア。解けかけている封印から顔を覗かせるシオリ、その影響でさらに進行を早める異変。ルーミアの人格の立場で考えると、ルーミア自身は何もしていないのに幻想郷から見ると異変の元凶であり、退治される加害者に仕立て上げられようとしていることに(今のところ霊夢自身は乗り気では無さそうですが)。
自ら戦うことを決意するルーミア。しかし戦力差は気持ちだけではどうにもなりません。リグルの助力、シオリの力添えでどこまで迫れるのか、そして神子たちはどれだけ力をつけているのか……?

tag : SS 男の子

2019-04-22 : SS : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

楔

Author:楔
週刊リグル通信は、東方蛍光祭4と東方明網祭を全力で応援します。






週刊リグル通信。
18歳未満の方はこちら
ツイッター
pixiv
banner1

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

StyleKeeper